神栄アグリテック株式会社

お問い合わせ

農業事業について

農業事業について

安全で安心できる新鮮な野菜を食卓に

私たちは、当地が持つ独特の気候を活かして、業務・加工用キャベツの大規模露地栽培を行っています。そしてビニールハウスでは、特産物のトマト、メロンなどを栽培しています。膨らむ国内外のニーズにお応えするため、更なる規模拡大に向けて取り組んでいます。

農業事業について

農業事業

agriculture

販売力

販売力

研究・研鑽

研究・研鑽

一気通貫体制

一気通貫体制

土へのこだわり

土へのこだわり

安全・安心への取り組み

安全・安心への取り組み

農業事業のお問い合わせ

農業事業のお問い合わせ
販売力

販売力

販売力

色んな野菜、果物を用途に合わせて


当社が畑で栽培している野菜は、主に食品加工業者や外食事業者向けの大きなサイズのものが中心ですが、品種や季節によっては、青果用に出荷することもあります。
逆にハウスで栽培しているトマトやメロンは、量販店など小売用が中心ですが、小売に向かないサイズ・規格のものは業務用としても出荷します。

研究・研鑽

研究・研鑽

研究・研鑽

最良を求めて、研究と研鑽


農作物は、同じ種を蒔いても栽培する地方によって、気候の特性や土質の違いから、同じように生育する訳ではありません。
私たちは、この地に適した品種、作型を研究すると共に、その品種の持つポテンシャルを最大限引き出すために、栽培技術の研鑽を重ね、試行錯誤を繰り返しながら、生産量の拡大に取り組んでいます。

一気通貫体制

一気通貫体制

一気通貫体制

生産から販売までの一気通貫体制


当社では、自社農場での生産物の大半はお客様に直接販売しています。そしてお客様のニーズをベースに、作業は全て出荷日から逆算し、すべて自社で行います。
出荷日から逆算した収穫、収穫日から逆算した定植、定植日から逆算した種まきなどです。また品種についてもそれぞれの出荷時期に収穫適期となる最適なものを選んでいます。

土へのこだわり

土へのこだわり

土へのこだわり

農薬に頼らない土作り


美味しい野菜を栽培するために、こだわりの土づくりを行っています。残念ながら無農薬有機栽培ではありませんが、自社にて土壌分析を行い、土の状態を数値化し、前年の作柄を参考としながら土づくりを行います。
農薬だけに頼るのではなく、天然由来の土壌改良剤を使用したり、地力を上げるために緑肥を植えたり、1年間何も作らず畑を休ませたりと、より良い畑作に取り組んでいます。

安全・安心への取り組み

安全・安心への取り組み

安全・安心への取り組み

自分が食べたくなる野菜を


テレビなどで、よく農家の方が「自分の畑で穫れたものが一番美味しい」と言っているのを聞きますが、私たちも自分が食べたいと思える野菜作りをモットーに農業生産を行っています。病害虫害や雑草に悩まされたりもしますが、収穫してすぐその場で洗わずに食べられるような、安全で安心な野菜作りを続けていきたいと思っています。